イククルで出会った人妻と一泊旅行

イククルの掲示板に「29歳、既婚、旅行大好き」と書き込んであった女性にメッセージを送りました。私も昔、バックパッカーで旅をした経験があります。そんな話を少し書くと、興味を持ってくれたらしく、返信が来ました。女性は旅行好きとあって、私が昔の旅行のことを書くと、あれこれと質問して来るようになりました。

特に、駅で寝袋に泊まりながら北海道を一周した話には、とても興味を持って 、メッセージのやり取りが盛り上がりました。女性は「私もそんな旅をしてみたい」と言ってきました。「森のコテージなら、キレイだしワイルドな感じも楽しめます」と伝えると、ぜひ行ってみたいと返信がきたので、それでは行きましょうと、割と簡単に話は決まりました。

イククルでは、今までに何人も知り合って、直接会ったことがありますが、いきなり旅行するのは初めてです。まして、今回は人妻です。ワクワクしながら車で迎えに行きました。待っていたのは、大きめの帽子にアウトドアスタイルの可愛い感じの女性でした。目的地までの一時間程の会話ですっかり打ち解けて、コテージに着く頃には、まるで恋人同士のようになっていました。

ログハウス調のコテージは、森の中に幾つかあって、隣とは少し離れています。テラスでワインを飲みながら、バーベキューで食事しました。日が落ちるととても静かです。中に入ると木の香りが気持ち良くて、大きなマットに並んで座りました。自然に肩を抱いてキスしました。彼女も舌をいれて応じてきました。

彼女の手を、私の股間に導くと、彼女は微笑みながらズボンの中に手を入れてきました。私のペニスを握るとそっとしごきながら、玉のほうも刺激してきます。私も彼女の股に手を入れて下着の脇から秘部を触りました。じっとり愛液がしみています。ディープキスをしながら、お互いの感じるところを弄るように愛撫し合いました。

彼女は、髪を後ろに振分けて、私のペニスを咥えます。舌先を先端に絡めるように、キュッとしゃぶって吸います。私は手を伸ばして、彼女の秘部を廻すように愛撫しました。もう愛液が溢れて手の中にこぼれてきました。

彼女を仰向けに寝かせて挿入しました。オッパイも程よい大きさで、揉みながら腰を振っていきました。具合の良いあそこです。充分潤っているので滑りも気持ちイイ。キスしながらドンドン突いて、ふたりでタイミングを合わせてイきました。

少し休んでいると、彼女は私のペニスをいじってきます。亀頭の裏をさするようにしていたら勃ってきました。彼女は私にまたがって自分から挿入してきました。腰をうまく使って、深くはめ込んできます。彼女の腰使いに吸い取られるように射精しました。それから明け方まで、貪るようにSEXを繰り返しました。

帰りの車の中でも、彼女はずっと私のペニスを触っていました。旦那にかまってもらえなくて、余程寂しいのでしょう。「また連れって行って!」と言います。イイよと言うと、私のペニスをまた咥え始めました。カワイイ人妻です。

イククルでもう一人、人妻をゲットするため、また新しい人妻とメッセージ交換を始めました。今度はどんな女性かとても楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です