イククルで出会った田舎物二人の体験談

僕が出会いサイトのイククルを利用し始めたのは大学を卒業してすぐのことでした。
地元の群馬から神奈川県へ仕事のために引越すことになり、誰も知らない土地で友達も恋人もいないことが理由でした。
とにかく休日となると家にいることができない私も、まったく知らない横浜では何をして遊べばいいのか途方に暮れました。
かといって会社の人とは休日には距離をとりたかったので、位置から知り合いを作らなければなりませんんでした。
そこでイククルで遊べる女性を募集したところ、流石に都会だけあって大勢の女性から反応が返ってきました。
初めて実際にあることになったのは、同じく就職で東京へ出てきた24歳のチエさんでした。
チエさんも知り合いがいなくて、さびしいらしく、一緒に東京見学をしたいと言われました。
横浜からですと電車で一本で渋谷へいけましたので、渋谷駅前のハチ公前で待ち合わせをしました。
田舎出身の僕にはハチ公前の待ち合わせは鉄板あと思っていたのですが、実際に行ってみると大勢が待ち合わせのために待っていてびっくりしました。
どうにかメールのやりとりでチエさんと会うことができました。
やってきたのは堀北真希を小柄にしたようなかわいらしい女の子とですごく若く見えました。
彼女もこんなに人が多いとは思っていないらしくかなり驚いていました。
田舎物二人でまずは、有名どころをまわることにしました。
せっかくなので電車でなく歩いて観光しようということで、まずは代官山へ向かいました。
おしゃれの街というだけあってとにかく個性的なファッションの人が大勢いました。
人がたくさんいるのが幸いして自然に迷子にならないように手をつなげたのがうれしかったです。
二人してきょどきょどしてしまい、ドラマやテレビでしか見たことがなかった場所にいることが不思議な感覚だねと笑いあいました。
そして有名な表参道へ行くことに。細い道の両サイドにはお店がびっしり!人もお祭りがあるような人数がいました。
一緒にクレープを食べて歩いていると、前のほうでテレビの撮影をしていてこれにもびっくりしました。
流石都会だと二人でなっとくしました。その後は渋谷の居酒屋で軽い食事をして、都会生活の苦労を話しました。
その日は、渋谷駅で別れることになり、後日もう一度会う約束を取り付けました。
次は、僕の住んでいる神奈川の横浜中華街に行くことになっています。
しっかりリサーチして彼女を喜ばせたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です