一生に一度だけのランデヴー。

主人のことは愛しています。可愛い子供もおります。何不自由もありませんでしたが、最近子供からスマートフォンをプレゼントされてインターネットの楽しさにのめり込むようになってしまいました。いろいろな動画をみたりサイトをみたりとても便利な世の中になったのだな、と思いました。そしていろいろサイトを見ているうちにイククルというサイトにたどり着きました。

そのサイトはインターネットでメールのやりとりをして実際に会うというサイトだったようで、友人が少ないわたしはそのサイトに登録してみることにしたのです。サイトの仕組みをあまり理解していないまま登録したのでメールが来てもよく理解できませんでした。そして50代のひとりの男性から何度も連絡が来たので聞いてみたのです。わたしは最近スマートフォンを子供からプレゼントされたので使い方もよくわからないですし、たまたまこのサイトにたどり着いて登録したということを伝えました。そしてその男性から意外な返答が返ってきました。このサイトは恋愛相手を探すために利用するサイトなのです、あなたもそうではないのでしょうか?と。驚きましたが、その男性のいわれるまま一度流れでお会いすることになったのです。

わたしとしては会ってお食事を楽しみたいと考えていました。しかし彼はそうではなかったようです。わたしも年ですからそういう意欲はあまりないですし、浮気というものをする気はなかったのでお断りしたのですが、彼の話術に惑わされ?ホテルに行ってしまいました。主人とは夜の生活ももう20年ほどありませんし、お互いそんな欲求はないので不満はなかったのですが20年ぶりに女性として扱われて身体が疼いてしまったのです。悪いことだとは思っていましたが、止めることはできませんでした。

しかしながら、罪悪感がありますのでそのひととはそれっきりにということにしました。しかし、後悔はしていません。20年ぶりに女としての悦びを感じることが出来て正直嬉しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です