脱サラの成功例?FXの成功談。脱サラに成功した職種と成功を収めた者の割合は?脱サラにオススメの職種

 

脱サラの成功例を知りたいなら、

加藤将太さんの次世代起業家育成セミナーを。

オンラインで無料で受けられる。

 

これ以上分かりやすい具体例はないので

おすすめだ。

 

 

投資やブログで脱サラし海外移住した男の話は

以下の無料ニュースレターで。

 

 

 

 

脱サラの成功例にはどんな共通項があるのか。

 

 

サラリーマンを辞める前に考えたい色々なこと、

起業しやすい職種など、脱サラするにあたって

入口となる情報をまとめた。

 

 

 

脱サラの成功例を紹介。脱サラにおすすめの職種と成功率とは?脱サラでの失敗も2Chでチェック

 

この記事を読んでいる人は、

サラリーマンである現実に不満があり、

新しい自己実現を脱サラに求めている人だろう。

 

 

そこで改めて脱サラの

メリット・デメリットをあげておく。

 

今一度、自分が仕事に

求めるものを考えてほしい。

 

 

脱サラのメリットは以下のとおり。

 

 

・時間の自由

 

自分で働く時間や休みを調整できるので、

ライフワークバランスの取れた生活が可能。

 

 

・場所の自由

 

働く場所を自分で選べるので、

通勤のストレスから解放される。

 

 

・人間関係のストレスが減る

 

仕事での付き合いを自分で選べるので、

人間関係で悩むことが減る。

 

 

・収入の制限がなくなる

 

得られる利益は自分の事業次第で、

収入の上限がない。

 

 

・やりがいを感じる仕事ができる

 

 

脱サラのデメリットは次のようなものだ。

 

 

・収入が不安定

 

サラリーマンであれば得られる

安定収入や有休、補償、福利厚生を失う。

 

 

・自己責任

 

会社が守ってくれていた、

失敗の責任もすべて自分で

処理しなければならない。

 

場合によっては会社員時代より

稼働時間が長くなることも。

 

 

・最初は社会的信用がなくなる

 

安定収入の見込みが立つまでは、

カードの審査などが通らなくなる。

 

 

・支払いや手続きが自分で行う必要がある

 

社会保険や年金、確定申告といった、

会社では事務方で処理されていたものを、

全て自分で手続する必要がある。

 

 

脱サラの成功率は、

1年で40%、5年で15%、10年で5%程度

といわれている。

 

これは企業生存率という、

日本商工会議所や経産省が出している

数字から算出されている。

 

起業した企業が

『生き残っている割合』だ。

 

 

半分以上は1年持たずに

たたむことになるという、

なかなか厳しい数字だ。

 

いばらの道を進むこと、

脱サラが失敗したときのことも

想定しておこう。

 

 

脱サラで失敗したという話は

2chにも多い。

 

多くが勢いや流行にのって

会社をいきなり辞め、

起業するパターンだ。

 

 

対して脱サラの成功例には共通点がある。

 

事前の準備や計画ができていることだ。

 

 

サラリーマンであるうちから

起業する内容の勉強の他に、

ビジネスの勉強をする必要がある。

 

資金も必要であることから、

最低でも2~3年はサラリーマンのままで

事前準備にかけた方が良い。

 

 

週末起業を始めて、

自分の始める事業の進め方、

売り方、広め方を試しておくのが望ましい。

 

 

自分が脱サラにおすすめする職種は、

ナレッジワーカーだ。

 

 

「ナレッジ」とは知能を意味する。

 

コンサルタントやカウンセラー、

インストラクターなど

自分の経験を売る。

 

 

資金面で小さく始められるし、

自分の「好き」なものに取り組める

可能性が高いからだ。

 

売れる・儲かるに着目しすぎず、

自分の好きなもの、

向いているものに取り組む。

 

 

「好き」であることの原動力は大きく、

ビジネスが長続きする場合が多い。

 

 

 

脱サラの成功例とは?fxの成功談と成功者の割合、起業におすすめの職種と成功率とは

 

脱サラして投資にチャレンジする

というのも一つの手ではある。

 

 

手軽にチャレンジできる

ものとしてfxがある。

 

時間、場所の自由がある

魅力的な手段だ。

 

 

しかし、一般的にfxを始めた人の90%は

1年以内にやめてしまうといわれている。

 

そこからfxの成功者になる、

fxだけで十分なお金を稼ぐ人の割合は

1%未満との話も。

 

 

先に書いた脱サラの成功率5%と比べても、

かなり厳しい道であることがわかる。

 

 

fxの成功談を見ると、まずは

起業と同じく事前準備が大事。

 

fxに関する勉強や、

デモトレードでの試行をし、

資金を用意する。

 

 

そのあとは兼業トレーダーとして

利益を出し続けること。

 

ここまでクリアして初めて

専業トレーダーへの移行が

視野に入ってくる。

 

 

加えてfxには適性があると

自分は考えている。

 

衝動的にならずに

淡々とルールを守って、

するべきときに損切りをする。

 

 

文字にすると簡単だが、

お金がかかるとまるで

修行をするような精神力がいる。

 

熱くなりやすい人は

トレーダーは向かないだろう。

 

 

脱サラして一人から起業を

始めやすい職種には次のものがある。

 

 

・エンジニア

 

・プログラマー

 

・ライター

 

・デザイナー

 

・イラストレーター

 

・コンサルタント

 

・カウンセラー

 

・ネットショップやホームページの運営

 

 

いずれにせよ脱サラには、

自分の適性や好きなものを整理し、

事前準備をして望みたい。

 

 

脱サラの失敗例や

成功例を取り上げている

良いサイトがあるので紹介する。

 

ken氏のサイト「脱サラ起業、漂流記」だ。

 

4人の起業家の、

起業までの道筋から現在をインタビューし、

良い所や悪い所をまとめている。

 

 

起業を考える際の参考にしてほしい。

 

 

 

まとめ。脱サラの成功例について

 

脱サラには

時間・場所の自由というメリットと、

全て自己責任というデメリットがある。

 

 

脱サラの成功率は5%ほど。

 

fxの成功率は1%未満、

1年続けられるのは10%。

 

 

脱サラに大事なのは事前準備。

 

売り物だけでなく、

ビジネスに関する勉強も必要だ。

 

 

起業を始めるには、

自分の「好き」と適性を見極め、

事前準備をしっかりして取り組みたい。

 

 

脱サラを検討する正一。

自分と同じく太りやすい体質に悩む(笑)。

 

タイトルとURLをコピーしました