フィリピン人がキスする意味!外国人パブのキス、フィリピンパブ嬢と付き合う楽しみ方。ほっぺにキスの意味は

 

外国人パブで

フィリピン人にキスをされたら、

それはどのような意味があるのか。

 

舞い上がる男性もいるが、

勘違いすると金ヅルになりかねないので注意を。

 

 

キスされた場所によって

変わってくるその意味を紹介する。

 

 

 

外国人パブでフィリピン人がキスする意味。ほっぺにキスの心理。女性や彼女がほっぺにちゅーする意味

 

外国人パブで働く外国人女性は多い。

 

フィリピンパブなどは外国人パブの中の一つで、

フィリピン人をはじめ外国人は

ほっぺにキスをすることがある。

 

 

ほっぺにキスをされて、その心理や

女性が自分に好意を持っているのかもと

考える日本人男性は少なくないだろう。

 

 

フィリピンなどで見られる

このほっぺにキスの意味は、

挨拶の一環として行われる。

 

もちろん、口にキスをする場合は

日本と同様愛情表現である。

 

 

だが、外国人が頬にキスをしてきた場合は

深い意味はないので勘違いしないようにしたい。

 

 

また、少し話は変わるが、

猫を飼っている人は猫が口に

キスしてくる事もあるだろう。

 

これは、パブの彼女たちが

ほっぺにちゅーしてくるのと同じで

飼い主に対しての挨拶である。

 

 

猫同士が鼻をくっつけ合っている姿を

どこかで見た経験はないだろうか。

 

あれは猫同士の挨拶にあたるが、

要するに猫からのキスは挨拶だ。

 

 

猫にしてもパブの女性にしても

ほっぺキスには深い意味はないので

舞い上がらないように気をつけよう。

 

 

 

外国人パブでフィリピンパブ嬢と付き合う楽しみ方、ライン。キスを挨拶で口に?バーではキスする?

 

ここでは、外国人パブで

フィリピンパブ嬢と付き合う楽しみ方や

ラインなどを紹介していく。

 

 

まず、フィリピンでは

英語やタガログ語が

公用語として話されている。

 

 

フィリピンパブで彼女たちとの楽しみ方としては

簡単な英語やタガログ語を覚えて会話すると

盛り上がって楽しい時間を過ごせるのではないか。

 

また、覚えた言葉を使ってラインをするために

スペルなども合わせて覚えておく

と良いかもしれない。

 

 

先の項目で口にキスをする場合は

愛情表現だと述べた。

 

 

しかし、フィリピンパブでは

キスを挨拶として口にしてきたり、

バーで距離が近いときにキスする事もある。

 

 

冷静さを失わず慎重に行こう。

 

 

なぜなら、彼女たちは日本に出稼ぎにきており、

日本人男性はお金持ちだと思われている。

 

母国であるフィリピンに送金して欲しいと

頼まれるようになるかもしれないからだ。

 

 

 

外国人パブでネパール人とキス?フィリピーナの意味。フィリピーナと付き合うとき

 

ここまで外国人パブでの

フィリピーナとのキスについて紹介してきた。

 

 

フィリピーナとは

フィリピン人女性のことを意味する。

 

フィリピン人男性のことは

フィリピーノという。

 

 

天真爛漫で明るく一途な性格の

フィリピーナと付き合うと、きっと楽しくて

充実した幸せな日々を送れるだろう。

 

 

では、他の国の女性の

キスについてはどうだろうか。

 

 

フィリピーナとは対照的に

中国人女性は日本人同様恋愛に奥手で、

浮気は日本以上に嫌われる。

 

また、付き合うときは結婚を

前提にしていることが多い。

 

 

この価値観はネパール人女性も同様で、

キスをするということはそれだけ本気度が高く、

相手と結婚するという意味にもなってしまう。

 

そのため、フィリピンパブに通って

挨拶のようにキスができるようになっても、

挨拶感覚でキスしないように注意が必要だ。

 

 

 

まとめ。フィリピン人のキスについて

 

フィリピン女性のキスについて

考察してきたが、イメージは湧いただろうか。

 

キスをする場所やタイミングによって

大きく意味が変わる。

 

 

本気でフィリピン人女性と付き合いたいなら、

彼女たちと同様絶対に浮気をせず

一途になることが大切だ。

 

 

また、フィリピンパブに行った際は、

フィリピン人にとってキスはどのようなものなのか、

意味を見極めないと、間違った対応をとることになる。

 

舞い上がらず、慎重にアプローチしよう。

 

 

フィリピーナが彼女の泰久。

自分と同じく洋版プレイボーイでスクスク育った男(笑)。

 

タイトルとURLをコピーしました