パラオ移住のデメリット!仕事はある?移住の条件を紹介

 

パラオ移住のデメリットは、

予想以上の生活コストの高さ

 

 

長期滞在者によるパラオ移住の現状、

ブログを手段にして現地に住むには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

 

 

観光地も多く、近年

移住先として人気が出ているパラオ。

 

 

本記事では失敗しない

パラオ移住を行うために、

パラオ移住のデメリット。

 

パラオでの仕事探し、

パラオへの移住条件について述べていく。

 

 

 

パラオへ移住のデメリットを紹介。仕事はどんなものがある?

 

パラオは日本の真南に位置する島国であり、

日本から約4時間で行けるという近さだ。

 

時差も日本とほぼ同じである。

 

 

そんな小さな島国パラオには、

多くの日本人が移住している。

 

 

パラオ移住にも様々なデメリットがある。

 

 

・物価が高い

 

・生活費がかさみ、困窮するリスクが高い

 

 

観光者中心の島国では、価格相場も

観光者中心に設定されているため、

物価の相場も高くなっている。

 

 

生活費もそれなりにかかってくる。

 

いつの間にか生活費に困窮してしまう

リスクもあるため、お金のやりくりには

注意しなければならない。

 

 

パラオへの移住のデメリットと並んで

気になるのがパラオへ移住後の仕事探しだ。

 

 

そもそもパラオ独自のルールがあり、

移住者はパラオで転職は不可という

決まりになっている。

 

パラオ人の雇用を守るために

このルールが定められているのだ。

 

 

そのため、移住者がどれだけ

魅力的な仕事を見つけたとしても、

転職でビザは更新できなくなるのだ。

 

つまり、一度会社を退職して日本に戻ると、

再び同じ会社に戻る以外は5年以上

経過しなければビザの再取得は不可能となる。

 

 

パラオ移住後の仕事探しにあたっては、

このようなハードルが高い条件があることを

覚えておいた方が良い。

 

 

ただ、パラオの会社には日本人が多いため、

ビザ取得に関しても親切丁寧に

サポートしてくれるところが多い。

 

そのため安心して相談しても良いだろう。

 

 

 

パラオへ移住の条件って?

 

パラオに移住する条件として

 

 

・30日以内の滞在であればビザは不要

 

 

・上記期間満了後、2回までの延長が認められ

(滞在期間の切れる7日前までに手続き必須)。

 

最大90日間ビザ不要で滞在可能(手数料は必要)

 

 

・90日を超える滞在の場合、仕事で就労ビザ、

あるいは経営者用就労ビザまたは配偶者ビザを

取得するのが一般的

 

(※在日大使館には取り扱いがないため注意)

 

有効期限は2年間が一般的

 

 

・ワーキングホリデーや学生ビザがないため、

基本的には就労ビザを取得する

 

 

・パラオには永住権はない

(働きながらパラオで過ごすのが一般的)

 

 

ということが挙げられる。

 

 

基本的には就労ビザ、経営者用就労ビザ、

配偶者ビザのいずれかが必要になる。

 

が、この中なら就労ビザを

取得することが一番一般的である。

 

 

また、上記条件事項に加え、前段落で述べた

移住者の転職不可という決まりも加えて、

事前に覚えておくと良いだろう。

 

 

つまり、観光などで短期的に暮らす移住であれば

比較的過ごしやすい環境ではあるが、

長期間の移住となると急激にハードルが上がる。

 

 

そのため、自分はどのくらいの

期間移住したいのか?

 

永住したいのか?

 

 

などを事前にしっかりと考えた上で

移住を検討してみると良いだろう。

 

 

 

まとめ。パラオ移住のデメリットについて

 

本記事では、パラオ移住のデメリットをはじめ、

パラオでの仕事探し、パラオ移住の

条件について述べてきた。

 

 

今回はデメリットしか挙げていないものの、

パラオには沢山の日本人移住者がいることから、

たくさんのメリットがあることも事実だ。

 

例えば、観光地の多さをはじめ、物価の安さがあったり、

基本的に日本語で生活が出来ることなど、

環境面だけでなく生活面でも助かることが多い。

 

 

また、日本とそれほど離れていないので、

日本との時差もないことから、日本人には

非常に住みやすい環境が整っていることも事実だ。

 

 

後悔しない移住生活を送る為にも、

パラオ移住の条件やポイントは

事前にしっかり調べておくといいだろう。

 

 

パラオでビジネスを始めたいと語る慎吾さん。

自分と同じくシイタケ嫌い(笑)。

 

タイトルとURLをコピーしました